--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年11月19日 (木) | Edit |
1つ前の日記に書いた、小倉井筒屋の「北海道物産展」。
開催期間のちょうど折り返しということで、
新しく販売がスタートする商品があり、ふたたび取材へ。

まぁ、今回もたっっくさんの人手の中、
なるべく邪魔にならないようにしながら敢行したわけですが、
ひそかに一番楽しみにしていたのはイートインコーナー♪

一度テレビで見て、食べてみたいと思っていた
「牛挽肉トロトロぶっかけ」(1,050円)があるんですよ。

牛挽肉トロトロぶっかけ

ご飯の上に乗った牛挽肉は、きれいな色~。
ウワサ通り、全然お肉という感じがせず、
とろけるような、まさにトロのような味わいで、ほほほほ~おいしい。

そ し て!
すごく衝撃的で感動的な味に出会いました。
それは「トラピストバターぶっかけ」(780円)。

トラピストバターぶっかけ

出てきたときは、ご飯にバターが乗っているだけで、
地味な印象だったけれど。
実はもともと、そういう“邪道”っぽい食べ物は苦手な私。。
でも、北海道では普通の食べ方なんだそうです。ほぉ~。

良いバターの香り。
お店の方の指示に従って、よーく混ぜて、
しょうゆをちょっと垂らして、勇気を出して(?)パクッ。

おいしーーーーい!!
何というか、トラピストバターの上品な塩分と深いコクが、
ご飯にからまってツヤツヤ、まろやか、すっごく合うんです。

食べる前は、ちょっとご飯の量が多いかもと思ったんですが、
これはペロッといけそうです。

でも、平らげてはいけません。
半分くらい食べたところで明太子を投入。
これがまた!!!

シンプルなのに、これだけの味が楽しめるってホント驚きでした。
今まで知らなくてごめんなさい(笑)

っとまた、我を忘れて、北の大地のおいしさに舌鼓を打ったのでした^^


話は少し変わりますが、
取材中、ごった返す人ごみの中、
同時に2人の人から名前を呼ばれ、振り向くと…。

一人は全然違う仕事でいつもお会いする方、
もう一人は、息子の学校のママさん。
2人で並んで立っているので、
あれ?どうして2人が一緒に?

なんと親子というではありませんか!
何という偶然。
まさかまさかのつながりに、びっくりしたけれど、
どちらもいい方で、私はとてもお世話になっているから、
すごく嬉しい出来事でした♪

いろんなことが起こるな~
ステキなことですねぇ!


以上、こんな夜中に原稿書きが行き詰まり、
ついついブログに逃避してしまいました~。
2009年11月13日 (金) | Edit |
11/11(水)から、小倉井筒屋で始まった「北海道物産展」。

いやー大人気の催事なので、私の友達にもファンは多いけれど、
とにかくいつ行っても人ひとヒトだから、今までは、
躊躇しているうちに終わってしまうことが多かったのですが…。

それが、今回は初日のオープンにあわせて取材~。
しょ、しょにちのおーぷん…。

開店の1時間前に集合して、ちょっと打ち合わせ。
そのときスタッフの方が
「とにかくすごいですよ~」と怯えて(?)いらっしゃるので、
少しドキドキ、わりとワクワク(笑)

まずは開店直前の会場に行き、あらかじめ気になる商品をチェック。
パチパチ写真も撮らせてもらいましたが、
皆さん、忙しそうながらも全然殺気立ってはいなくて、
テキパキと冷静に準備中。
やっぱり全国で人気の催事ですから慣れてるのかも。さすがです。

中には、カニを持って写真に写ってくれたり、
カキを開けてくれたり、サービス精神満点なお兄さんも♪

さて、いよいよ開店!
きゃ~~~~本当にすんごい人!!!
あちこちに行列ができ、ロイズのコーナーにいたっては
並ぶ人の列がとぐろを巻いているよーー。

でも私も、人ごみは苦手でも、仕事だし、
おいしそうなものを見たら、テンションがア~ップ。

歩くのもままならないくらいごった返している中、
仕事を忘れる勢いで、試食もどんどんやってみる。
お客さんの目線での取材ということだからね~^^
ガシカシ人にぶつかりながら、あら、けっこう楽しい。

海の幸、乳製品、スイーツ…ああ、なんと魅力的。
開店と同時に押しかける人の気持ちが分かった気がします。

インターネットでお取り寄せできるものもあるんだけど、
そんな無粋なことを言ってはいけません。
ある意味レジャーですよね。
地元のデパートに出向いて、実際に手に取って買う楽しさ。
お客さんには年配の方も多くて、皆さん顔がイキイキしてらっしゃる♪

この日はポイントアップデー。
お歳暮センターのオープンも数日前だったため、人手が足りないようで、
店内には何度も“応援要請”のメロディが流れていました。
でも、賑わって活気づいているのはいいことです。

百聞は一見、いや一食にしかず。
行って、見て、食べてみるのが醍醐味の北海道物産展。
11/23(月・祝)までですよん。
2009年10月19日 (月) | Edit |
14日から今日まで、小倉井筒屋で行われていた「いいものフェア」。

若手女性スタッフがおすすめする“いいもの”を集めて紹介・販売する
初めての試みで、人出も多く、成功をおさめたそうです。
(良かった良かった!)

事前に取材をした際、いちばん気になったのが
熊本名物の「太平燕」(タイピーエン)。

老舗の名店「紅蘭亭」からの出店で、
海鮮スープに春雨の麺、野菜がたっぷり入った伝統の味だとか。
古くに中国から伝わり、熊本で根付いて、独自の発展を遂げた食文化なのです。

フェア開催中にぜひ食べにいこうと思ってたのですが、
息子の学年閉鎖と通院騒動でなかなか行くことができず。。

最終日の今日、井筒屋での仕事の後、食べるぞ!と意気込んでいたら、
取材後に急用ができて、結局行けずじまいでした(涙)

ああ、太平燕。
熊本に行ったときのお楽しみとして取っておきましょうかね。

ところで、この太平燕は、熊本ではとてもポピュラーで、
どこの中華料理店にもあるし、給食にも出るんだそうです。

だから、熊本の人が県外の中華料理屋さんに行って、
当然のように太平燕を注文したら驚かれ、
熊本にしかなかったんだ!と衝撃を受けるらしいです。

そういうモノって北九州にもあるのかな?
自分は「当たり前」と思っているので、気づきにくいでしょうね。

北九州名物ではないけれど、
カールのうすあじや、おにぎりせんべい、チキン南蛮が
関東にないと知った時は本当に驚きましたけども。

あ、ちゃんぽん麺もないんだったっけ。

今は、流通や情報収集手段の進歩で、
「ここだけ」というのも少なくなってきてるかも知れませんけどね。

希少価値ってやっぱり魅力の1つですよね~。
2009年10月01日 (木) | Edit |
取材でお会いした「テムザック」という会社の社長さんと広報の女性。
とっても気さくなお2人で、楽しくお仕事させて頂きました。

この会社はたくさんの実用的なロボットを
“作って売ってる”総合ロボットメーカー。

戸畑消防署に正式配置されたレスキューロボット「援竜」は、
テレビでもよく取り上げられているので、ご存じの方もいらっしゃるのでは?

そのテムザックが大学や研究機関などと共同開発で、
満を持して発表した車椅子ロボット「ロデム

従来の発想をガラリと変え、今までの後ろ向きで乗るスタイルではなく、
前向きで乗りこめるため、介護の方の負担が軽減できるという
画期的なロボットなのだそうです。
発表直後から、問い合わせが殺到しているとか。

「ロデム」という名前を聞いたときに、なんだか胸をよぎる思い。
そう、マンガ(アニメ)「バビル2世」のしもべです。
♪ロデムへんしん!地をか~け~ろ~♪の、あのロデム。

そんなことを考えながら、取材を進めていると、
社長さんが、
「このロボットの名前、アニメから取ったんですよ。形も意識していて…」
とおっしゃる!!

「バビル2世ですね?!」とテンションが上がる私。
「そうです、そうです!」
そこからちょっと、バビル2世談義^o^

ところが、私より5つ下の人が「???」。
えっ?もしかして、バビル2世を知らない?!
ジェネレーションギャップを感じて、社長さんと広報の方と一緒に
「私ら世代なんですね~」と笑う。
こういう会話ってホント楽しいんですよね。

子どものころ放映されていたアニメのバビル2世が大好きだった私。
幼い目に映るバビルII世はカッコよくて、ほのかに憧れの存在で。

でも、はっきり思い出せない…むしょうに見たくなりましたよ。
それで、懐かしさに駆り立てられ、検索検索!

マンガはまだ売ってるんですね~。
大人買いしたーい!と、全巻セットをとりあえず
「お買いものカゴ」なんかに入れちゃったり!
(でもまだ買ってはない)

久々に主題歌も聴けて、夫と一緒に歌ってしまいました(笑)
小6の息子も興味津々。
あ~またテレビで放送してくれないかなぁ。

何だか、仕事をきっかけに、おもしろい展開になったなーと
色々なものの“つながり”を感じて、
一人しみじみ喜んでいる次第でございます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。