FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年02月27日 (日) | Edit |
西鉄バスのいちばん新しい「降車意思表示ボタン」は、これ。

降車意思表示1

たぶん1つ前がこれ。

降車意思表示2

バスの新しさによって、今は↑のどちらかだと思いますが、
もっと前は、緑色の本体に押すところは白で、
押したら、運転手さんの後上に「次、とまります」と書かれたランプ(?)が
点灯していましたね~なつかしい。
その時は、バスの床も木でしたね~なつかしい。

この「降車意思表示ボタン」を見ると、思い出すことがあります。

あれは確か小学校4年生の時。雨の降る日でした。
今だと考えられないけど、当時、紺屋町にスイミングスクールがありました。

そこに西鉄バスで一人で通っていた私は、
帰りのバスの中、自分の降りるバス停が近づいてきたので、
運賃分の小銭を握りしめた手で、降車意思表示ボタンを押しました。

とその瞬間、手の中から何枚かの小銭がすべり落ちて、
座席の下に紛れこんでしまい、見つからない!

降りるバス停は近づくし、他にお金はないし、
パニックで半泣きになっていたら、その姿を見かねたのか、
後に座っていたおじさんが「いくら落としたの?」と、お金をくれました。

とにかく焦っていた私は、お礼もそこそこに、
運賃箱にお金を入れて降りようとしていたら、
うしろから女性が、私が忘れていた傘を持って来てくれました。
が、やはり、ろくにお礼も言えないまま、降りてしまいました。

その時は、バスを待たせないで降りることに精いっぱいだったけど、
あとで、なんで2人にもっとちゃんとお礼を言わなかったんだろう、
降りるバス停を1つ先にして、おじさんに連絡先を聞けばよかった…と、
とてもとても後悔しました。

運転手さんにワケを話せば、降ろしてもらえたでしょうに、
幼い私は、そんなこと思いつきもしませんでした。

子どもだったとはいえ、忘れられない失敗のほろ苦い記憶と、
2人の大人の優しさを思い出して、今でも感謝の気持ちでいっぱいになります^^

きちんとお礼、言いたかったな~。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。