FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年10月09日 (土) | Edit |
今日から北九州市立美術館で始まった
「モネとジヴェルニーの画家たち」展。

某新聞社様から、昨日の開会式&内覧会の招待状をいただき、
そんな招待をいただくのは初めてなので、
やや緊張と興味を携えて、行って来ました。

開会式は関係各社の挨拶と、学芸員の方から展覧会内容の説明、
最後にテープカットで滞りなく終わり、いよいよ内覧会へ。

モネというと「睡蓮」が有名ですよね。
正直、ミュシャやクリムトなどの人物画が好きな私は、
静物の絵はあまり…と思っていたのだけど、
いやー本物を見るとやっぱりすごい!!

まったくの素人意見でございますが、何という技法なのか、
近くで見ると繊細なタッチではないのだけど(失礼…)、
少し離れて見ることによって、深くて独特な美しさが広がります。

個人的には「睡蓮の池」と「赤とピンクの芥子」が好きだな~。

日本の文化を好んでいたというモネは、
自邸の庭に池を作って、日本風の太鼓橋をかけていたそうで、
「睡蓮の池」にはその太鼓橋が描かれています。

昨日、とっても立派な図録をいただいたので、
それを眺めながら、作品を振り返っています。
昨日は人が多かったので、また行きたいー。

最近、北九州市立美術館は、リーバーウォークのほうの分館も含めて、
けっこう「いいもの」が来るようになりましたね♪

展覧会は11月28日(日)までなので、
たくさんの来場があるといいですね~。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。