--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年04月30日 (金) | Edit |
1つ前の日記で、KIGSで行われている
北原照久さんのコレクション展について書きましたが、
北九州にも、ステキなコレクターがいらっしゃいます。

“思い出コレクター”の大野光司さん。

主に昭和のオモチャをはじめ、雑貨やゲーム、レコードなど
いわゆる「B級文化」を収集・研究しています。
北九州出身で、「ストップ!にいちゃん」で一世を風靡した
漫画家・関谷ひさしさんの漫画も多く所有。

昨年、門司港栄町商店街に、
大野さんのコレクションの一部を集めた
「昭和レトロ館」が期間限定で開催されたのですが、
この春、再開。
(来年3月27日(日)まで、毎週土曜・日曜、祝日に開館)

レトロ1
北九州市立大学の学生さんが運営

レトロ2
関谷ひさしさんの漫画
ほのぼのしていてクスッと笑えます

レトロ3
裏のスペースには昭和の子どもの遊び場を再現

同時に、すぐ近くの小原市場では、
大野さんが監修する「昭和レトロ食市場」がオープン。
昔の給食セットや、門司港名物焼きカレーを食べることができます。

レトロ4
商店街の一本裏手にあります

レトロ5
廃校になった学校の机と椅子を使い、
昔の小学校の雰囲気を演出

レトロ6
大野さんのコレクションも展示
ここで食べることもできるんですよ

インタビューした際のお話の中で、
印象に残っているのは、
・平成も22年になり、そろそろ“平成レトロ”も出てきている。
・“昭和なもの”はレトロポップでカッコよく、人を引き寄せる力がある。
・単なるコレクションにとどめず、
 人に見てもらうこと、実際に触ってもらうことに意義がある。
・北九州のどこか大きな倉庫の中に、自分のコレクションを使って
 映画撮影などに対応できる昭和村を作りたい。
=忘れ去られたものを「作る」のではなく「よみがえらせる」。

たくさんの実績を上げている
北九州フィルムコミッションの日々谷さんも
昭和村を作りたいとおっしゃってたんですよね~。

立場やフィールドが違っても、
北九州を愛する人の想いがつながって、
実を結ぶことができるといいな!

山口酒店さんのブログ記事
スポンサーサイト
2010年04月26日 (月) | Edit |
北原コレクション「時代を生き抜く宝物たち展」
~戦前戦後のブリキ玩具に見る、日本の職人技、その技術とデザイン~
北九州イノベーションギャラリー(KIGS)

今回は、テレビCMより先に新聞の折り込みチラシが目にとまり、
開催2日目に、張り切って行ってみました。

KIGS4-1.jpg

「なんでも鑑定団」でもおなじみ、北原照久さんの
700点を越える貴重なコレクションを見ることができます。

自分が生まれる前のものであっても、
なつかしくてあたたかみのあるブリキ玩具たちに
ノスタルジックな想いにかられます。

KIGSは“産業技術継承保存センター”ですから、
この企画展のサブタイトルにもあるように、
一番大事な観点としては、戦前戦後、貧しい時代でも
見事な玩具を生み出した日本の技術のすばらしさ。
「ものづくり」に対する真摯な姿勢。

今やほとんどが中国製ですけども、
展示されている玩具はもちろんすべて「Made in JAPAN」なのが
とても感慨深いです。

本物さながらのペダルカーも見応えがありましたが、
印象的だったのは「Made in Occupied JAPAN」と刻印された車玩具。

終戦後の1940年代、アメリカ占領下にあった日本が
アメリカ本土に輸出した玩具は、爆発的な人気を得たようです。
日本の驚異的な復興の証とも言えますね。
今は希少価値の高いコレクターズアイテムなのだそうです。

会場で説明をして下さったおじさまスタッフの方2人が
とても楽しそうに、そしてなんだか自慢げにお話されるのが、
聞いているこちらも楽しかったです。

    ★

同時併催で、「世界の帆船模型展」も行われています。
これがまた見応えあるんですよ。

帆船模型クラブ「セーリングシップ」の方々が
丹精込めて作った船の模型は見事です。

同じ船でも、作り手によって全く違う仕上がりになるとか、
緻密を極める作業なので、
大きなものだと、1日4時間(ほどが限界だそうです)で
1年半くらいかかるとか、
割合としては、組み方や工程を考えるのが7、作業が3くらいだとか、
出来上がった帆船は愛着がありすぎて、誰にもあげられないとか。

つい、取材モードで色々聞いてしまいました^^

「ものづくり」って、やっぱり夢がありますよね~。
今は少なくなった「Made in JAPAN」の文字を見るとトキメキます

どちらも期間は7月4日(日)までです。
「時代を生き抜く宝物たち展」は大人500円、小人250円。
「世界の帆船模型展」は入場無料です。
2010年04月19日 (月) | Edit |
リバーウォーク北九州
5Fにあるルーフガーデン。

リバ2

水が流れていて、ゆったりとカーブを描いた遊歩道。
もちろん眺めも抜群で、とってもすてきな場所です♪
けっこう穴場じゃないかな?

リバ1

リバーウォークの独特な形がまたいい味出してます。

ベンチもあるので、さわやかに晴れた日は
最高の憩いスポットになりますね!

リバ3
[北九州市役所と小倉城]

お気に入りの飲み物と、携帯プレーヤーで好きな音楽を聴きながら
ぼーっと過ごしたら、気持ちいいだろうなぁ~。
2010年04月14日 (水) | Edit |
女子4人で、うれしたのし♪
守恒ステキSHOPツアーをしました~。

まずは、ランチ。
カクレガcafe plane

志井川に面していて、眺めもステキ。

守恒1

体に優しいオーガニック料理で、
一見シンプルですが、手が込んでいます。
やっぱり体がホッとするというか、
浄化されたような気になりますね。

守恒2
ランチは1000円(ドリンク付き)。
もちろん、スイーツもあります。


お次はティータイム。
RusaRuka
(HPはもうすぐOPEN)

一軒家を改装したかわいいカフェ。
モノレール沿いで目を引きます。

守恒3

1階は、フランスのヴィンテージアクセサリーやバッグ、
子ども服、食器など、ステキな雑貨が置いてあり、
2階がカフェになっています。

4人でしばし雑貨選びに夢中になりました♪

守恒4
スコーンとガトーショコラ


さて、お腹が満足したところで、
お花屋さん「chocotttes(ショコット)」へ。

守恒5

こちらは以前取材させていただいたこともあるのですが、
独特のセンスが光る個性的なお花屋さん。

守恒6


最後は、その上にある雑貨屋さん。
COFFEE sketch

守恒7

コーポの一室のこぢんまりとしたお店で、
ステショナリーや革小物、食器などがかわいらしく並んでいます。
小さなカフェも併設しているので、次回はぜひお茶もしたいな。


守恒は、どんどんステキなお店ができていますね~。
住むのにも人気がある街ですけども。
他にも「わぽん」や「カフェ&バーnonon」などあるし、
やはり、いいお店がいいお店を呼ぶんでしょうか^^
2010年04月05日 (月) | Edit |
桜満開。

今日(日曜日)は、晴れて暖かく、絶好のお花見日和。
小倉城付近も、すごい人出でした。

この時期、いちばんのお気に入りは、TOTOと紫川の間の道。
それはきれいで見事な、長い「桜のトンネル」です。

桜道2

道行く車も、信号で止まるたび、
フロントガラス越しに携帯カメラでパシャッ!
もちろん私も。
いつもより何となく渋滞していたのはそのせいかも~?

桜道1

私もここを通る時は、テンションが上がって、
ゆずの「桜道」を思わず口ずさんでしまいます。

桜道を君と~♪
坂道でも駆け足でもないですけどね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。